猫の恩返し?!

blog


ある日、自宅に入ろうと玄関のカギを開けようとしたら、玄関の横の石にわずかに血の跡が残っており、どうしたのかとその血の跡の奥の方をのぞいてみると、のら猫が足をケガして座っていました。
そののら猫は、普段から自宅の庭を横切って行ったりしていたので時々見かけていました。
日ごろから特に遊んであげたり、餌をあげたりするわけではなかったのですが、さすがにケガをしていて痛いのか動けないような様子。
かぼそい声で私の顔を見て悲しそうに鳴いているので、近づいてみると逃げなかったので、少し足を見てみました。
すると、擦り傷のようなどこかにひっかけた感じの傷だったので、水で軽く流してあげた後、消毒液を少し薄めてティッシュに含ませてふいてあげました。
専門的な動物病院の医者ではないので、ばい菌がケガしたところから入って化膿しないようにしてあげることしか思いつかず、応急処置をしました。
猫はしみるようで、少しキャっと声をあげましたが、しばらくしてびっこを引きながら歩いてどこかへ行きました。
何度も私の方を振り返りながら猫は立ち去っていきました。
びっこをひいていたので、すごく心配でした。

ところがその翌日。
私が買い物から帰宅すると、自宅の駐車場のブロックの上に昨日ののら猫がちょこんと座っていました。
車から降りてその猫に声をかけると、猫がうれしそうに甘えたような声で鳴きながら、足元にすり寄ってきました。
昨日のようにびっこもひいておらず、ケガしたところも目立たなくなっていたので、私はちょっと元気な猫の姿を見て安心しました。

大したことはしていないのですが、猫は喜んでくれたのか、その後もちょくちょく自宅の駐車場で待っていて私を出迎えてくれるのです。
元気になった姿をお世話してくれた私に見せに来て恩返しをしてくれてるんだと、受けた恩を忘れない可愛い猫の姿と優しさが、最近の自分の心の癒しになって大変うれしく思っております。
人間でも猫でも、そういうお世話になった人へのお礼はささいなことでもするとお互いがいい感じでいられると感じました。